山田唄の暗部

ひたすら山田唄のモヤモヤを投げかけていく雑記

「売り方」

 こんばんは。またちょっともやもやっと考え込んでしまい、抜け出せなくなったので、こちらで吐いてしまおうと思います。

 

 テレビで南海キャンディーズの暴露話的な番組をやっていて、それを流し見ていたんですが、その番組中、山ちゃんが、相方のしずちゃんがアイドル的な売れ方をするのを見て、不満や不安に駆られていた、と語っていました。

 私にはお笑いのなんたるかはさっぱりわかりませんが、しずちゃんのアイドル化を見て山ちゃんがどんな不満に駆られたかという点は共感できましたし、また逆にしずちゃんが成功しているのに自分の思いだけで不満を募らせていた山ちゃんが情けないという気持ちにもなりました。これも要するに山ちゃんを自分に重ね合わせて共感した結果の「情けなさ」なのですが。

 

 

 私は今月で三十三歳になります。それでいて職歴は高校時代のバイトとこの十年ばかりの事務所通い程度しかありません。二十代の頃は絵で仕事を取ろうと躍起になっていましたが、結局取り付けられた仕事はPBWの依頼が四件ほどと、あとは数百円の単価にしかならないコミッションばかりです。

 要するに自分は落伍者です。挑んで、失敗して、負けた。

 それでも絵に対する執着を捨てきれずに今なお毎日絵に励んで自分を納得させているだけです。

 

 それだけに、絵で成功している人を見ると羨ましくてしょうがなくなる。なぜ自分は彼らのようになれなかったのか、自分には何が足りなかったのか。そんな思いを日々無意味だと知りつつ煮詰めています。

 

 

 ネットが出来てからのイラストレーターとは、多くの点で人気商売になったなと感じています。知名度の高いイラストレーターに描いて貰ったほうが依頼側としても旨味があり、結果人気イラストレーターに高額依頼が集中し、下積み中であったり然程知名度がないイラストレーターに回ってくるのは、誰がやっても大して変わらないような仕事ばかり。

 仕方がない、そう言う風に回っている事自体はそれはそれとして受け止めるしかない。

 

 それでも、人気がある、という理由だけで、自分と同じかそれ以下程度の技術しかないイラストレーターがどんどん仕事を取って行くのを見ていると、我慢ならない気持ちになる。

 

 自分も山ちゃんが人気者のしずちゃんをねたんでいたのと同じように、人気のある彼らをねたんでいるのだなと思います。

 まあ、それはそれとして消化して、自分には自分の売り方があると自分を納得させてきたわけですが、偶にどうしても我慢できなくなるんですよね。

 何が言いたいのか解らなくなって来ました。

 

 

 自分がこうして悩んで悩んで、その末に自分を納得させてなんとかモチベーションを維持している、というのも、客観的に見てかなりみすぼらしいなと思うんです。頑張る事は基本的にカッコ悪い。それでも、自分の取り得は頑張る事しかないから、私はこれからも頑張るんでしょう。

 

 という所で締めておきます。

 今回はこの辺りで。